はまかぜ診療所

はまかぜ診療所は、訪問診療を行います。
訪問範囲は神奈川区全域、港北区全域、
鶴見区(鶴見川まで)です。

2017年6月1日
5月18日 はまかぜ診療所 で在宅医療勉強会を開催しました。5月18日 はまかぜ診療所 で在宅医療勉強会を開催しました。
今回は夜間頻尿をテーマに、訪問看護師よりお話しさせて頂きました。
排尿のメカニズム、頻尿のアセスメントと対処法、参加者の方がご経験されたケースについてもディスカッションを行い理解を深めました。
ご参加ありがとうございました。
2017年6月1日
5月26日  ひなた在宅クリニック で在宅医療勉強会を開催しました。
5月26日  ひなた在宅クリニック で在宅医療勉強会を開催しました。
今回は、沢山の方々に参加いただき、「介護力」をテーマに事例を通じて検討しました。癌末期のケースで、本人が在宅で過ごすことを希望していれば、一見、看護力不足に見える家族でもサービスを上手く使い、医療者も「勇気」を届けることで、可能となったケースを紹介しました。
また、患者の意思決定にあたり認知症や意識レベルの低い場合での、現在の法律的な判断についても言及しました。
ご参加ありがとうございました。
2017年5月9日
【はまかぜ診療所 第40回在宅医療勉強会のご案内】
テーマ:『夜間頻尿』。
夜間頻尿は高齢者にとって悩ましい症状のひとつです。介護者も悩まされます。
看護師やヘルパーさん、ケアマネさんでできる日々のケアについても触れたいと思います。
日時:2017年 5月 18日(木) 18:30~19:30
場所:はまかぜ診療所
2017年5月9日
【ひなた在宅クリニック 第13回在宅医療勉強会のご案内】
テーマ:『介護力』。
在宅療養の継続可否に影響する重要なファクターのひとつに、『介護力』があります。
今回は、介護力が乏しかったにも関わらず、在宅看取りが可能であったケースを通して『介護力』を考えたいと思います。
日時: 2017年5月26日(金) 18:30~19:30
場所:ひなた在宅クリニック
2017年4月14日
3月24日 ひなた在宅クリニックにて勉強会を行いました。
今回は在宅で注意したい、悪性と見間違えやすい皮膚疾患について紹介しました。
また、スキンケアについても言及しました。
2017年4月14日
3月24日 はまかぜ診療所にて勉強会を行いました。3月24日 はまかぜ診療所にて勉強会を行いました。
今回は管理栄養士より実演を交えて、効率よく栄養を摂る方法についてお話しさせて頂きました。
2017年3月16日
【ひなた在宅クリニック 第12回在宅医療勉強会のご案内】
演題 在宅で見かける皮膚疾患
気をつけたいポイントをプライマリケア医の視点で、誰にでも分かりやすく解説したいと思います。
場所 ひなた在宅クリニック
日時 2017年03月24日(金) 18:30~19:30
2017年3月16日
【はまかぜ診療所 第39回在宅医療勉強会のご案内】
テーマ 栄養の要となるタンパク質の上手な摂り方
ご高齢の方ではタンパク質をいかに効率良く摂取するかか大切です。当院管理栄養士による調理実演、試食を交えて行います。
場所 はまかぜ診療所
日時 2017年03月24日(金) 18:30~19:30
2017年2月16日
1月27日 ひなた在宅クリニックにて勉強会を開催しました。
1月27日 ひなた在宅クリニックにて勉強会を開催しました。今回は臨床倫理がテーマでした。
臨床倫理の四分割法の考え方、使い方を共有いたしました。
「医学とは不確実な科学である」というウィリアムオスラーの名言についても触れつつ、在宅医療への応用について学びました。
ご参加ありがとうございました。
2017年1月30日
1月26日 はまかぜ診療所 在宅医療勉強会を行いました。
我々が経験したとても学びにつながるケースを軸として、じっくりとディスカッションをやってみました。
参加者の皆様からご意見を頂くことで、短絡的な考察にとどまることなく、多角的な視点から振り返ることができました。
大変盛り上がってしまい(?)、1時間延長となってしまいました。
ご参加ありがとうございました。
1月26日 はまかぜ診療所 在宅医療勉強会を行いました 1月26日 はまかぜ診療所 在宅医療勉強会を行いました
2017年1月16日
第11回 ひなた在宅クリニック 在宅医療勉強会のご案内
テーマ:困難ケースの考え方~四分割法によるアプローチ
日時:2017年1月27日(金)18:30~19:30
内容:医療の現場が在宅の場合は様々な問題が生じます。
そんな時、いろいろな視点で考えていくことが必要です。
「四分割法」という手法を簡単に紹介したいと思います。
会場:ひなた在宅クリニック
2017年1月13日
第38回 はまかぜ診療所 在宅医療勉強会のご案内
テーマ:とても学びになった事例を2017年に生かす
日時:2017年 1月 26日(木)18:30~19:30
内容:2016年に経験した事例を共有し、2017年の在宅医療・介護に生かします。
事例発表:訪問看護師 影山
2016年12月13日
11月25日 ひなた在宅クリニックで勉強会を行いました。11月25日 ひなた在宅クリニックで勉強会を行いました。
今回のテーマは不眠症でした。
不眠症の中にはお薬だけではなかなか反応しないケースもあります。
今回、2つの症例を通してアプローチの仕方や視点を確認しました。
また、実際に副交感神経を働かせてリラックスしてもらう自律訓練のやり方のさわりだけを参加者に体験していただきました。
ご参加ありがとうございました。
2016年11月25日
11月18日、はまかぜ診療所で在宅医療勉強会を行いました。
今回は、点滴、中心静脈栄養、経管栄養について、実際に使う物に触れながら、その仕組みや適応について学びました。
ご参加ありがとうございました。
11月18日、はまかぜ診療所で在宅医療勉強会を行いました。 11月18日、はまかぜ診療所で在宅医療勉強会を行いました。
2016年11月18日
ひなた在宅クリニックで在宅医療勉強会を行います。
テーマ:「薬だけでは治せない不眠症についてのアプローチ
     ~えっ?こんなことが原因に?なるんです。」
日時 :2016年 11月25日(金) 18:30~19:30
会場 :ひなた在宅クリニック
2016年11月2日
第37回 はまかぜ診療所在宅医療 勉強会のご案内
テーマ:病状進行期や終末期の『栄養はどうしたらいいんですか!?』を考える。
日時:2016年 11月 18日(金)18:30~19:30
内容:病状進行期・終末期であっても、『食べたい・食べさせたい。栄養はどうするんですか?』という思いを耳にしたとき、どう向き合い、みんなで支援していくのか。意思決定支援における知っておきたい医療的なやり方(普通の点滴、中心静脈栄養療法、経管栄養療法)、その効能効果を踏まえつつお話ししたいと思います。
2016年10月4日
9月30日ひなた在宅クリニックで勉強会を行いました。9月30日ひなた在宅クリニックで勉強会を行いました。
院長藤本より、在宅における急変時の対応方法や心構え、連携についてお話しさせていただきました。
多数のご参加をいただきどうもありがとうございました。
2016年9月15日
第8回 ひなた在宅クリニック 在宅医療勉強会
日時:9月30日(金) 18:30~19:30
テーマ: 在宅医療と救急医療との関わり方
~予期しない急変や不慮の外因死に対する心構え、対応の流れ。その時どう動く。~
講師: ひなた在宅クリニック 院長 藤本 恭士
2016年9月13日
2016年9月12日 ひなた在宅クリニック院長に藤本恭士が就任いたしました。
引き続き、地域の多職種の方々と連携をとりながら、在宅診療を行って参りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
2016年8月26日
8月19日はまかぜ診療所にて勉強会を行いました。8月19日はまかぜ診療所にて勉強会を行いました。
今回は突発的な事象への対処法、心構えについて訪問看護師の影山よりお話しさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?
また、医師の立場からは死亡診断書についてご説明しました。
今回もご参加ありがとうございました。
2016年8月17日
第36回 はまかぜ診療所 在宅医療勉強会を開催します。
日時 :2016年8月19日 18:30-19:30
テーマ:『訪問時心肺停止!どうしましょう?』
内容: ケアマネージャーさん、ヘルパーさんが訪問した際、既に呼吸が止まり、脈も触れない状態に遭遇。その時、どう動きますか?また、どう対処しましたか?
対処法について考え、十分な準備をしていきましょう。
2016年6月29日
6月24日ひなた在宅クリニックにて勉強会を開催しました。6月24日ひなた在宅クリニックにて勉強会を開催しました。
工藤医師より、貧血の症状と対応方法や貧血と紛らわしい症状を来す疾患の見分け方についてお話しさせて頂きました。
2016年6月29日
6月17日はまかぜ診療所にて勉強会を開催しました。6月17日はまかぜ診療所にて勉強会を開催しました。
藤本医師より、よく遭遇する泌尿器症状や泌尿器科疾患について、実際の症例を交えて解説させて頂きました。
2016年6月14日
第7回ひなた在宅医療勉強会を開催します。
日時:2016年6月24日(金) 18:30~19:30
演題 『その症状、ヒンケツですか?』
めまいや足元のおぼつかなさなど、患者様からヒンケツを起こしたとよく耳にします。
俗にヒンケツと表現される諸症状についての考え方や対応について今回はお話ししてみようと思います。
スタッフ一同、皆様のご参加を心よりお待ちしております。
2016年6月14日
第35回はまかぜ在宅医療勉強会を開催します。
日時:2016年6月17日(金) 18:30~19:30
~在宅でよく遭遇する泌尿器症状や泌尿器科疾患について~
講師:藤本 恭士(泌尿器科専門医 はまかぜ診療所常勤医)
6月より入職した藤本医師より、頻尿や排尿困難など泌尿器症状が出た場合の対応方法、前立腺肥大症や前立腺癌などのよく出会う疾患について、その他膀胱留置カテーテルが入っている方のチェックポイントなどをできる限りわかりやすくお話ししたいと思います。皆様のご参加をお待ちしております。
2016年5月27日
第34回 はまかぜ診療所 在宅医療勉強会を開催いたしました。
当院の管理栄養士から、在宅での栄養食事指導に関する総論をお話しさせていただきました。
ディスカッションする中で、多職種でのアプローチがとても大切であることを皆で再認識しました。
ご参加ありがとうございました。
第34回 はまかぜ診療所 在宅医療勉強会を開催いたしました。 第34回 はまかぜ診療所 在宅医療勉強会を開催いたしました。
2016年4月6日
第34回はまかぜ診療所 在宅医療勉強会 を開催します。
2016年4月15日(金)  18:30~19:30
会場:はまかぜ診療所
テーマは「在宅での栄養食事指導」です。
栄養管理の重要性が高まり、4月からの診療報酬改定では適応が拡大され、がん患者さんや低栄養状態の方にも在宅で栄養指導を実施することが可能となりました。調理方法や味付けの工夫、効率の良い栄養摂取方法、摂食・嚥下しやすい食事形態の工夫など、「明日から使える」エッセンスをお話しします。
2016年3月29日
第33回はまかぜ診療所 在宅医療勉強会を開催しました。
第33回はまかぜ診療所 在宅医療勉強会を開催しました。 第33回はまかぜ診療所 在宅医療勉強会を開催しました。
褥瘡に関する知識学習、ハイリスク患者への実際のケアのやり方を学びました。
2016年3月29日
第6回ひなた在宅クリニック 在宅医療勉強会を開催しました。第6回ひなた在宅クリニック 在宅医療勉強会を開催しました。
フレイル、ロコモティブシンドローム、サルコペニアに関して学びました。
在宅での多職種協働によるアプローチ方法を確認しました。
2016年3月14日
2016年3月25日 18:30~19:30
ひなた在宅クリニック在宅医療勉強会を開催します。テーマは「フレイル、ロコモティブシンドローム」です。概念や疾病との関係性、在宅での関わり方についてお話しします。
2016年3月14日
2016年3月18日 18:30~19:30
はまかぜ診療所在宅医療勉強会を開催します。
今回は褥瘡の予防とケアがテーマです。訪問看護師、在宅医、訪問栄養士による多角的なアプローチについて、在宅褥瘡管理者である影山看護師が講演致します。
2016年2月2日
事務職の求人情報を追加しました。
→求人情報へ
2016年1月20日
平成27年の診療実績を公開します。
(平成27年1月~平成27年12月。6月開業のひなた在宅クリニック含む。)
1、定期訪問診療回数 4,740回
2、往診回数(緊急含む) 590回
3、のべ合計診療患者数 397名
4、ご自宅でお看取りした方 110名
2016年1月6日
当院から訪問診療を受けている患者様への訪問栄養食事指導を開始しました。
管理栄養士が訪問いたします。保険適用。予約制。
主にご高齢者様の栄養管理、腎臓食、肝臓食、糖尿食、膵臓食、脂質異常症食、痛風食などが対象となります。
2016年1月6日
2016年1月21日 在宅医療勉強会を開催します。
院長宮崎からは、『訪問診療における症例と可能性』と題しまして、訪問診療に関する知識と実践方法について、実際の症例を交えてお話しさせていただきます。
Information

はまかぜ診療所
〒221-0063
横浜市神奈川区立町6-1 
ANNI横浜EAST601
TEL:045-716-6600
FAX:045-716-6601

●アクセス
最寄り駅「東神奈川駅」徒歩5分
「東白楽駅」徒歩5分
駐車場なし

●訪問診療依頼表

(医療機関・介護事業所様用)
以下より訪問診療依頼票をダウンロードできます。
はまかぜ診療所 宛
ひなた在宅クリニック 宛

《在宅医療相談外来》

時間 : 金曜日・土曜日
    9:00-12:00
場所 : はまかぜ診療所
  • ✳︎完全予約制
  • ✳︎在宅医療を受けようかとご検討している方や、初回訪問前に診療に関するご相談をしておきたいという方が対象です。
トップへ戻る▲